Posted by at

2015年01月11日

ツヨポンとどうもっちゃん

【解説】外貨預金ならば銀行で購入可能だけど、外貨ではない円預金の取り扱いと異なって破綻した場合に、預金者等を保護するという目的の預金保険制度の対象外なのである。MMF(MMF:公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用し利益を得る投資信託)は、ネット銀行とか証券会社等で購入することができる。
【投資商品】株の取引を見てみても、個人投資家が利用する取引の形態は、証券会社の窓口の利用であったり営業を通す対面取引よりも、すでにネット環境を利用するオンライントレードのほうが多くなっている。
【解説】金利、株式及び為替の価格の変化に関連して値動きする金融商品にアセットアロケーションしたら、株式で損失を被っても、ほかの金利または為替で発生した利益で補てんすることができ、損益の変動をうまく抑えることが可能となる。
【投資商品】為替市場の動きに非常に鋭く影響がある手軽な商品であれば、外貨預金(日本円以外での預金)や外貨MMF(MMF:公社債、短期金融資産などで運用して利益を求める投資信託)、FX(外国為替証拠金取引:margin Foreign eXchange trading)などだろう。
ハピタス
保険⇒防ぐことができない事故のせいで生じた財産上の損失に備えるために、同じような多数の者が定められた保険料を掛け金として納め、整えた資金によって突如発生する事故が発生した際に保険料に応じた保険給付を行う制度ということ。
【投資の前に】REIT:不動産で得られる収益を投資家へ還元する金融商品である不動産投資信託という内容を表す日本語での表現だ。ただし、投資信託及び投資法人に関する法律を根拠とする日本版REIT(J-REIT)のことをREITと呼ぶことがある。
いわゆる金融機関の格付け(評価)っていうのは、ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関はもちろん国債を発行している政府や、社債を発行している会社についての、信用力(支払能力など)を一定の基準に基づいて評価・公表するのだ。
【重要】金ETF(Exchange Traded Fund)というのは、根強い人気の金の相場に連動している上場投資信託である。普段利用している証券会社でも売買できるというところが手軽な商品だが、信託報酬が必要。
【経済の基礎】テクニカル分析という技術は、株式や商品取引や為替等の扱われる取引で、これまでに現れた現実の実績の時間ごとの動きから、今後の価格の変化に関して予想し、分析しようとする方法なのだ。
ほぼ全ての株式市場に自社株を公開している上場企業の場合であれば、企業の活動を行っていくための資金集めのために、株式の上場のほかに社債も発行するのが当たり前。株式と社債の一番の違いは、返済義務があるかないかですからご注意を。
【金融用語】金融商品に関する法律。日本の法律上、金融商品取引法(金商法:旧証券取引法)の条文により、定義されている用語なのである。この場合有価証券と外貨取引、金融デリバティブなどを包含している。
覚えておこう、外貨MMFというのは現在、国内で売買が許されている外貨建て商品である。外貨預金と比較して利回りがずいぶん高いうえ、為替の変動によって発生する利益は非課税だという魅力がある。証券会社で購入しよう。
金融取引を行う金融商品取引業者としての最大の義務は、最高の注意を払って金融庁からの指摘事項を減らすことといえる。それで結果として、起きてはいけない「重大な違反」が発生する確率を積極的に下げるという目指すべき名誉につながるということ。
タンス預金やってるの?物価上昇(つまりインフレ)の局面では、その上昇分現金は価値が目減りするのです。たちまち生活に準備しておく必要のないお金は、タンス預金よりも安全性が高くて金利も付く商品に変えた方がよい。
【紹介】アセットアロケーション:金利、株、為替は複雑に関係しあっていて、3つ全ての動向を注視することが重要。投資しようとする金融商品のみならず、他の金融商品にも資産を分散して確実に投資する方法が不可欠です。  

Posted by おるえのしも at 09:28Comments(0)